有限会社青木商事
9:30~18:00
毎週日曜日・祝祭日
2020年05月31日
池袋の不動産ブログ

申込で嘘をつく人たち②アリバイ会社にご用心

夜のお店が多い場所で不動産業を営んでいます。
よって、夜のお仕事の方が大丈夫か、仲介の不動産屋からの問い合わせも多く来ます。ま、弊社の管理物件では基本お断りしています。

それを知ってる仲介の不動産屋がどうするか。嘘をついて入居させようとするわけです。

具体的にはアリバイ会社という偽会社に勤めていることにして申込をしてきます。

これを見抜くのはけっこう難しいです。
まず保証会社で審査をしてもらうのですが、アリバイ会社は、保証会社の審査を通るように外面を整えているからです。
 
すなわち書類上では断る理由を見つけられないわけで、
ここからが管理会社の経験を生かす部分であると考えます。

僕の20年の経験からなので、けっこう間違いないと考えています。
痛い経験もしてきましたからね。

見抜くポイントは一言で言うと『違和感』です。

パッと見断る理由がないような申込書でも、細かい部分を一つ一つ精査していくと、あれ?と思うことがあるのです。そこを見逃さず、調査をしていくことが大事です。

今回の案件は、申込書を一目見てダメと判断しました。
判断したポイントは一つ
「20代の女性が就職のために住む部屋で家賃10万?」
これが僕が感じた違和感でした。

あとは周辺を見て矛盾点を探していきます。
今回のケースは内定通知書がお粗末でしたね。

①女性の新入社員に給料が28万も払えますか?
 家賃の3倍の給料で作ったんでしょうね。

②内定通知書の勤務開始日が内見した日になってます。
 その日の11時に内見してるって初出勤の日に抜け出すのか?

こんな感じです。


もちろん疑問が残った状態でも契約することはありますよ。
空室が多いから大家さんがOKした場合、そーゆー人が多い建物の場合等、です。

ただ今回は保証会社の審査も通らなかったしお断りする予定。

 

 

申込で嘘をつく人たち①

申込で嘘をつく人たち②アリバイ会社にご用心

申込で嘘をつく人たち③アリバイ会社は侮れない

申込で嘘をつく人たち④夜の世界も侮れない

申込で嘘をつく人たち⑤仲介会社にご用心

おススメ物件 ラ・パーチェ池袋

ラ・パーチェ池袋 502号室ー   6月15日空き予定

JR山手線 池袋駅より徒歩6分

駅前へいわ通り商店街沿いにある 1DKのお部屋です

 

築浅物件で綺麗なお部屋です

オートロック・モニターフォンで安心安全

フローリングでお掃除ラクラク

収納豊富で部屋を広く使えます

 

詳しくはこちら 

  ↓

 

この記事を書いた人
細田健介 ホソダケンスケ
細田健介
池袋に40年住んでいます。 趣味は自転車の街乗りなので、都内をチャリチャリしています。 機動力を生かして物件探しをしています。
arrow_upward