有限会社青木商事
9:30~18:00
毎週日曜日・祝祭日
2020年08月19日
不動産オーナー様向けブログ

退去時に嘘をつく人

入居者が退去後の原状回復工事、トラブル多いですね。

トラブルを防ぐにならないためには、入居時に原状回復の負担についてキチンと説明しておくことが大事です

 

弊社の管理物件は東京都が多いので、入居時には原状回復について賃貸住宅紛争防止条例に基づいてご説明をしております

それでも、トラブルになることはあります。

 

ある物件での退去時、バルコニーに謎の穴が無数にありました。

パっと見は煙草の焦げ跡っぽいですが、見たことないくらい大きな穴で。

何か所もバルコニーの防水が切れてしまっていました。

20年以上、賃貸管理をしていて、初めて見る焦げ跡です。

入居者に煙草吸いましたか?と聞いても

僕は吸いません、友達が来たときはバルコニーで吸ってましたが、とのこと。

理由は不明ながらも、入居時には穴が無かったのでこの補修は入居者負担、と説明しました。

 

でもね、理由が分からないのが気持ち悪くて。

今後も同じこと起こるかもしれないから。

何か無いかとバルコニーを探して見つけました!

 

線香花火の紐。見つけた瞬間に、情景まで見えてきましたね。

夏の終わり、彼女と2人で線香花火。

キレイだね!落ちちゃった。も一つ点けようか。

そんな感じ?

敷物も水も用意せず、花火終わったらベッドインかな。

ホント危ない。シート防水も石油由来だから、万万が一、着火の可能性もあります。

 

このケースでは線香花火の紐を敷金精算書に同封し、

防水工事代5万円を敷金から差し引きました。

 

 

でも、お前これ花火の跡ってわかってただろ、て思うのです。

線香花火をキチンと始末されていたら、

そしてもし裁判になっていたら、

原因不明で費用をとれなかったかもしれない。

 

退去時にも嘘をつく人がいる。

そう思って対処する必要があると思う次第です。

有限会社青木商事のおススメ物件           ベルソミー・ソレイル募集中です

ベルソミー・ソレイル

 

豊島区高松の2018年築の築浅賃貸アパートです。

副都心線・有楽町線千川駅徒歩14分の閑静な住宅街にあります。

広めのキッチンで楽しく料理、床はフローリングでお掃除も楽々です

 

詳しくは

この記事を書いた人
細田健介 ホソダケンスケ
細田健介
池袋に40年住んでいます。 趣味は自転車の街乗りなので、都内をチャリチャリしています。 機動力を生かして物件探しをしています。
arrow_upward